最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
WALTHER P38
2009-03-30 Mon 18:21
こんばんは、にゃごぴーです。今日は初の登校日で大学まで行ってきました。と言っても片道10km、自転車でせいぜい25分程度なのでいい感じです。行きは結構辛いですね、上り坂がとても多いのでとても参っています。

ですが、帰りは驚くほどに下りが多いのですごい楽です。行きが大変でも帰りが楽だと授業で疲れた体にもいいかなと思いますねぇ。どちらにせよ、ここからの4年間がとても楽しみになってきました。


さてさて、そんな話はまた今度するとして、今日はひとまず「ルパン三世」の愛銃を紹介したいと思います。ルパンの銃として有名な「ワルサーP38」です。この銃は私もすごく好きですね、というかワルサーの拳銃はどれもかっこよくて機能美に満ち溢れているのがとても感動的です。




↑さて、これがワルサーP38です。後ろが長いと思いますが、これはac42と呼ばれる後期型のワルサーP38だからです。そして、この銃は、ドイツの銃器メーカーであるカール・ワルサー(カール・ヴァルター: Carl Walther)社が開発した軍用自動式拳銃です。ですので、第二次世界大戦中にはナチス・ドイツ陸軍に制式採用されていました。

原型は1934年頃から開発が進められ、1937年に「ワルサーHP」の名称で完成しました。翌1938年に制式採用され、P38の名称が与えられます。それまで30年以上にわたりドイツ軍制式拳銃であったルガーP08に代わる存在であったが、実際には完全置き換えまでには至らなかったそうです。

口径は9mm(9mm×19パラベラム弾)、装弾数は単列マガジンによる8+1発で、特殊なロングマガジンも存在するみたいです。7.65mm弾仕様も少数生産されました。




↑強力な弾丸を安全に発射できるショートリコイル式の撃発システムに、大型軍用拳銃としては画期的なダブルアクション機構を組み合わせた自動式拳銃です。1930年代まで、自動式拳銃の操作方式はシングルアクションが唯一で、これはハンマーを起こしてあれば軽い力で引き金を引ける利点がありますが、暴発のリスクもあり、常に手動安全装置をかけなければ携帯しにくい代物でした。

ダブルアクション機構は、撃鉄を起こさなくても、引き金を引いてゆけば自動的にハンマーが起き上がり、そのまま引き切ることで発砲できる為、シングルアクションに比べトリガーは重くなりますがが暴発のリスクが少なく、手動安全装置への依存性が減ります。また、ダブルアクション機構なら弾薬が不発であっても、再度雷管を叩くことを試行できるという利点もあります。

この機能は20世紀初頭には回転式拳銃ですでに広く普及していたが、構造が複雑化するため、同時期採用されていたコルト・ガバメントなど多くの大型軍用自動拳銃には採用されていない物です。ワルサー社は1929年に開発した中型自動式拳銃ワルサーPPで、自動式拳銃としては、世界でも早い時期にダブルアクション機構を導入していました。




↑P38のダブルアクション機構はPPの流れを汲むもので、シングルアクション併用型となっています。命中精度は軍用拳銃としては高く、従来のルガーP08に比しても故障率が減り、スライド上面に大きくえぐられた開口部は排莢の確実性に貢献しました。P38のショートリコイル構造は横フライス加工だけで銃身、スライド、フレームそれぞれの噛み合せを形成する事が可能となっており、ルガーP08のような複雑な切削加工を必要としないのがいいですね。短い時間で多くの拳銃を製作することが出来ます。

黒のプラスチック製グリップの「コマーシャル」(民間向け)と、ベークライト製の茶色グリップで紛失防止用コード(ランヤード)をつなぐ吊環を装備した「ミリタリー」(軍用)の2種類があります。銃身を短くし照星をスライド先端に移設したものP38K(クルツ(別名ゲシュタポモデル)も存在するそうです。戦時中は9mm口径の拳銃が不足し、ラドムVIS wz1935など、スペイン、ベルギー、ポーランドで使用されていた拳銃を支給される部隊もあったみたいです。

また、ワルサーP38を持ったナチス軍の兵士と戦ったアメリカ軍の間では、ルガーP08と並んでこの拳銃を鹵獲することがステータスになっていたそうです。確かに、コレクションとしてはいいものだと思いますよね!表面仕上げとナチスの制服にちなみ「グレイゴースト(灰色の幽霊)」と呼ばれていたそうです。なんか夢に出てきそうな名前になっちゃってますね……。


ともかく!この拳銃はこんな恐ろしい背景がありますが、ナチスを支え、時には悪者にされてきましたが、立派なワルサー社の傑作拳銃だと思います。ルパンが使う事でヒーローの銃になっていますが、この銃は地道な努力と共に培われてきた素晴らしいものだと、私は思っていますね。とにかく、デザインがいいんじゃないかなと思います。かなり機械っぽいですし、無駄がない感じがとても好きです。

さてさて、今日も色々と話してしまいましたが明日もこんな感じで出来ればいいかなぁと思います。しかし、明日も登校日ですし、夜は夜勤なので、もしかしたらお気に入りの曲をうpして終わりかもしれません。それはそのときの疲れ具合によると思います。
それでは、また~☆













↑ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。












スポンサーサイト
別窓 | Gun | コメント:2 | トラックバック:0
<<I entered Nagoya University Business & Commers | アルテとその後・・・ | RUSSIAN PISTOLS TOKAPEB TT1930/33>>
この記事のコメント
ワルサーP38ですね。
確かにルパン3世の使っている銃として知られていますね。
この銃はエアガンで、ぜひ欲しいと思っている1丁です。
2009-03-30 Mon 19:33 | URL | JB #-[ 内容変更]
>>JBさん
そうですね。
そうですね、やはりルパンじゃないでしょうか。
そうなんですか、私も欲しいと思っていますよ。
2009-03-30 Mon 19:41 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。