最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Inside 鉄道博物館
2009-03-20 Fri 22:32
こんばんは、にゃごぴーです。今日は大宮の鉄道博物館の紹介をしたいと思います。と言っても写真が結構あるので明日もやりたいと思います。それでは、早速始めて行きたいと思います。



↑ひとまず一枚目が弁慶というSLです。このSLはよく分からないのですけど、置いてあったので記念に一枚撮りました。ほんとに鉄道に関しては無知なにゃごぴーですので、ご了承ください。



↑しかし、これぐらいは知っています!0系こだま号ですね!!初代新幹線として営業最高速度210km/hで走っていた車両です。その後最高速度が220km/hに上げられましたがそれでも当時として200km/h越えで走るというのはすごいことだったのではないかなと思いますね。

今でも営業最高速度は500系の300km/hが最高で700系に関しては285km/hですからね。そろそろ車輪と線路の限界じゃないかなと思ってしまいますね。



↑そして、パンタグラフの動作がどのようなものなのかというのを知る装置もあり、色々と楽しんでいました。画質が悪いのはカメラの故障ではなく、動画のIndexなので、こんな画質です。動画も大量に撮ってますのでYouTubeなどにうpして貼り付けたいと思います。



↑そして、一番興味深かったのはこのピストンですね!一番大きいのがDD51のピストンだそうで、実際のエンジンにはこれが12個積まれており1100PSだそうです。それにそのエンジンが2基装備されているのでDD51の最高出力は2200PSになります。う~ん、とてつもないパワーですね。さすがディーゼル機関車なだけあると思います。

そして次に小さい真ん中の奴がキハ58系のピストンです。キハ58系の一基のエンジンにはこのピストンが8個積まれていて180PSだそうです。それで、またまたそのエンジンが2基積まれているので最大出力は360PSになりますね。これだけでも結構なパワーだと思います。たぶん鬼トルクがあると思いますのでね。

最後の一番小さい奴はマイクロバスのピストンでバスのエンジンにはこのピストンが4つ組み込まれていて最大出力は110PSだそうです。110PSだと超非力な感じですけど、普通に走っている姿を見かけるので特に問題はないんでしょうね。



さてさて、今日はピストンのところで大いに時間を取ってしまいましたがあれだけ差があるとは思ってなかったのでつい、書いてしまいました。
明日も同じようにやって行きたいと思いますので、お楽しみに!
それでは、また~☆













↑ありがとうございました。
ポチットお願いします。










スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<Inside 鉄道博物館Ⅱ | アルテとその後・・・ | またあとで>>
この記事のコメント
最初の弁慶は、北海道初の鉄道を作る際にアメリカから輸入されたものだそうです。

確かに0系は有名ですね。
0系は実際に走っている時に乗れなかったのが、少し残念な気がしています。

パンタのは、面白かったですね。
少し遊びましたよね。

うーん、普通の車にしたら大きすぎるピストンですね。
ディーゼル機関車なので、パワーが必要なんでしょうね。
それにしても、DD51のは大きかった。
2009-03-21 Sat 01:04 | URL | JB #-[ 内容変更]
>>JBさん
そうなんですか!どうりで日本離れしたデザインなんだなぁと
思っていました!ありがとうございます。

そうですね、結構知られていると思います。
そうだったのですか、私は小学生の時に乗ったそうなのですが、
残念ながら覚えていないのが残念でなりません。

そうですね、面白かったです。
またその遊んだときの動画もうpすると思います。

そうですね、車には乗せられない程のピストンですよね!
大量の荷物を引っ張りますのでこれぐらいないと難しいのだと思いますね。
ですね!半端じゃなかったです。
2009-03-22 Sun 00:04 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。