最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
気になる拳銃 第四弾 SPRINGFIELD ARMORY MEU Pistol
2009-03-07 Sat 23:51
こんばんは、にゃごぴーです。明後日から東京に旅行へ行くために色々と準備していたら遅くなってしまいました…。毎年行っているような気がしますが、楽しいので止められませんねぇ~。ホントに毎回お世話になっているJBさんにはありがたいキモチでいっぱいですよ!

そんなわけで結構忙しい状態なのですけど、更新はいつもどおりしていきたいと思いますね。今日の拳銃はもう第四弾ということで近代的ですけど、古い感じが残る拳銃にしたいと思います。その名も「スプリングフィールド アーモリー MEU ピストル」です。う~ん、長い…笑笑




この拳銃はアメリカ海兵隊緊急展開部隊MEUの即応部隊が主に艦上制圧任務(VBSS)や屋内戦闘(CQB)の際に携行するピストルです。海兵隊では予算の問題から新規のガバメントモデルを購入するのではなく、大量に保有するM1911A1にスプリングフィールド社製のスライド、バレル、ハンマーなどを組み込む事で近代改修モデルとして使用しました。エコですね!同社では民間販売品としてこの改修モデルを自社で再設計し、MIL-SPECモデルとして販売しています。確か3000ドル(29万5千円)ほどすると思います。すごく高いです。MEUモデルは年代により使用するパーツなどが異なる為、いくつかのバリエーションが存在します。




スプリングフィールド社製のガバメントモデルはサードメーカー製として1970年代から製作されました。80年代後半には同社のカスタムモデルがアメリカ海兵隊や米軍特殊部隊、FBIなどに納入されているという強い実績を持ちます。これらカスタムモデルの改良点は主にスライドのデザイン、照準器の大型化、トリガーシステム、セーフティの改良などです。ハンマー、グリップのデザイン変更、高精度バレルの装備などで、殆どのパーツを新規で製作しているところはすごいですね。また弾倉にも改良が加えられています。同社ではガバメントベースの多くのカスタムモデルを制作し、軍用モデル、競技射撃モデルなど多くのバリエーションモデルを製作しているんですよ!




---スプリングフィールド社のM1911A1バリエーション---
スプリングフィールド社では多種に渡るM1911A1モデルのカスタムコンプリートガンを製造しています。それらは競技、軍用、セルフディフェンスなど使用目的によって異なる設計のパーツが組み込まれ完成されます。スプリングフィールド社では更にサイズ別にこれらをカテゴライズしています。
MEU Pistol cell




--スプリングフィールド社のM1911A1カスタムシリーズ--

FULL SIZEシリーズ
5インチバレルを持つ最もスタンダードなフルサイズシリーズで、同社の基本シリーズで価格帯は900~1300ドル前後だそうです。
○タクティカルコンバット・ブラックステンレス

GI.45シリーズ
スプリングフィールドナショナルアーモリーでかつて製造されていたM1911A1の復刻モデルです。スタンダードなパーカーライズドモデルの他にステンレスモデル、オリーブグリーンモデル、ハイキャパシティフレームモデルを製造しています。コンパクトシリーズとしてチャンピオン、マイクロコンパクト、チャンピオンライトウエイトバージョンも製造しているそうです。パーツ類は多くがM1911A1のオールドスタイルを踏襲しており、ビンテージ性の高いモデル、仕上げとなっています。価格は600ドル前後と安価な設定になっているのも魅力的ですね。


SPRINGFIELD ARMORY
M1911A1 MEU PISTOL MODERN MODEL





またMEUにはより近代で使われているタイプのモダンモデルというものがあります。これはノバック社という照準専門の会社の照準を取り付けられていたり、ハンマーの形が扱いやすくなったりと細かな変更が加えられています!



さてさて、今日も結構書いてしまいましたね。明日は何にしようか迷っていますがちょっとだけ軍隊からドラマで使用された拳銃の方へ移動しようかなと思っています。ドラマの中でも結構な拳銃が使われていますからね。

それでは、また~☆













↑ありがとうございました。
ポチットお願いします。










スポンサーサイト
別窓 | Gun | コメント:2 | トラックバック:0
<<気になる拳銃 第五弾 H&K USP Compact | アルテとその後・・・ | 気になる拳銃 第三弾 Beretta M92 series>>
この記事のコメント
スプリングフィールド アーモリー MEU ピストルですか。
アメリカ海兵隊は、アメリカ軍の中で一番危険な場所に行ったりする部隊らしいですよ。
そのくせ、海兵隊なので予算が少ないというのは聞いたことがあります。
それにしても、M1911A1を海兵隊自身で換装するというのは、かなり予算が無い証拠ですね・・・。
でも、危険な場所に展開する舞台だけあって、信頼性重視なんだと思いますけどね。
2009-03-08 Sun 16:58 | URL | JB #-[ 内容変更]
そうですね!
そうみたいですよね、ブラックホークダウンでも危険なところに
行っていましたしね!
予算が少ないのに危険なところに行かせられたらたまりませんね。
そうですねぇ、切羽詰った選択という感じもしますよねぇ。
新しい銃を買うだけの金はないという感じですもんね。
そうですね!やはり信頼性は大事ですからね!
隊員の方もM1911ベースの方が扱いやすい人もいるんじゃないかな
と思いますしね。
2009-03-08 Sun 23:57 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。