最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Aston Martin DB9 & Audi TT 3.2 quattro
2009-01-12 Mon 22:04
こんばんは、にゃごぴーです。今日も遅くなってしまいましたが、毎度恒例の車種紹介をやって行きたいと思います。今日の車は多くの方がご存知だと思われる車です。早速行きましょう~



↑それは、この車です。世界一速いなまずです、この車はイギリスのアストンマーチンという会社が作った車で、このDB9の発展版のDBSが今度日本でも公開される映画「OO7 慰めの報酬」のボンドカーになっています。また、DB9はDB7の後継車種であり、車両サイズではV8ヴァンテージとV12ヴァンキッシュの中間に位置します。2004年からアストンマーチン・レーシングがDB9をベースとしたDBR9でル・マン24時間レースとアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)に参戦していたりもします。

なので、すごい発展性が大きい車なんですよね!また性能は、* DB9/DB9 ヴォランテ(2004年-2008年)が5.9L V型12気筒DOHCエンジン(450bhp/570Nm(58.1kgm))、6速ATまたは6速MT、駆動方式はFRで、* DB9/DB9 ヴォランテ(2009年-)が5.9L V型12気筒DOHCエンジン(470bhp/600Nm)、6速ATまたは6速MT、駆動方式はFRと2009年から若干の性能アップがされるそうです。また、ウィキペディアにこのDB9の特徴が書いてありましたので、下に箇条書きにしたいと思います。

* 日本での価格は2062.2-2310万円(2009年モデル)。右ハンドルと左ハンドルが選択できる。
* アストンマーチン独自のボンド接着フレームVH(Vertical Horizontal)プラットフォームを採用したことにより車体の軽量化と高いボディ剛性を実現している。
* V型12気筒エンジンを搭載するスポーツカーとしては軽量な部類に入り、0-100km/h加速は4.5秒(タッチトロニック2-2009年モデル)という俊足である上、オートマチックトランスミッションモデルが唯一用意されるなど、GTカーとしての性格も持ち合わせている。
* 搭載されているZF製6速ATは「タッチトロニック2」と呼ばれ、変速はコンソールのボタンかステアリングのパドルで行う。従来のようなシフトレバーがないのが特徴的である。
* 内装には、革、木、金属などをふんだんに使っている。
* 「DB9 ボランテ」の幌はソフトトップであり、開閉時間は17秒である。
* 通常のものとは針が逆向き(つまり右向き)のタコメーターを備える。

特徴はすべてアストンマーチン独特なものがありますね。内装に木や金属や皮を惜しみなく使っているところもアストンの大きな特徴だと思います。



↑さて、お次の車はアウディになります。この車はアウディの中でもスポーツクーペに分類される車でこのTTクーペは2代目にあたります。初代のインパクトが強いせいか、2代目も似たような車になっています。そして、この3.2クワトロというグレードは最上級モデルになりまして、フォルクスワーゲン・ゴルフR32,イオスにつまれている3.2リッター狭角V6エンジン搭載します。。BUB型。パドルシフトも可能な6速Sトロニック(DSG)搭載します。駆動方式は、クワトロ(フルタイム4WD)でヘッドライトの照射角を走行速度や、ステアリングホイールの切れ角から進行方向へ傾けるアダプティブヘッドライトを標準装備します。

面白そうな車なだけに、日本でのMT設定がないのがとても残念です。まぁ、日本のMT普及率は5%ほどと言われているので、設定しても買わないだろうというのが考えなのでしょうね。また、DSGの方が変速スピードが速いので、MTをわざわざ設定するまでもないと言った感じなのでしょうか…。


今日もアストンのところで長々と書いてしまいました。このゲームで唯一のアストンマーチンだけに気合が入ってしまいました。明日もまた車種紹介をしたいと思っているので、お楽しみに!
それでは、また~☆










↑ありがとうございました。
ポチットお願いします。









スポンサーサイト
別窓 | Need For Speed Undercover | コメント:2 | トラックバック:0
<<Audi RS4 & S5 | アルテとその後・・・ | Shelby GT500>>
この記事のコメント
DB9は、今やほとんどのゲームに収録されていますね。
個人的にこのDB9だけではなくDBSもなのですが、特徴を追加しておきたいことがありますね。
それは、後部座席をオプションで設定することができ、4人乗れるということです。
なかなか、スポーツカーと呼ばれる分類では、非常に珍しいと思いますよ。
(他に有名なのではポルシェ911が4人乗れるぐらいですからね)
確かにPGR4などで見ていますが、タコメーターの回転が反対なのは大きな特徴ですね。

TTですね。
確かにTTは、初代のインパクトが大きかったからですね。
でも、2代目も初代の良いデザインを受け継いでいる感じがしますよね。

確かに日本のMT普及率は少ないですね。
これは、「車」を「移動手段の1つ」としてしか考えていない、証拠ではないかと思っています。
まぁ、俺としてはDSGの方がMTより変速スピードが速いので構いませんけどね。
2009-01-13 Tue 21:39 | URL | JB #-[ 内容変更]
そうですねぇ、ほとんどのゲームに入っていますね。
そうですね、4人乗れるのは貴重なのかもしれません。
ですが、探せばフェラーリにも4人乗りはありますし、
GTRも4人乗りです。ですが、数は少ないですよね。
そうですね、あれは他に類を見ない作りですよね。

そうですね。
そうですね、大きいものがありました。
私もそう思いますよ、ちゃんといい所は受け継いで、
進化するところはちゃんと進化していると思います。

そうなんですよね。
まぁ、それが本来の車のある姿なのでしょうね。
悪いことではないと思いますよ。
速さを求めるともう、MTの時代ではないんですよね。
2009-01-13 Tue 23:31 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。