最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Dodge Charger SRT8 Super Bee & Dodge Viper SRT10
2009-01-03 Sat 12:56
こんにちは、にゃごぴーです。昨日はかなり長々とモデルガンについて書いてしまいましたが、今日は普通にNeed For Speed Undercoverの紹介をしたいと思います。というわけで早速やって行きたいと思います。



↑というわけで、今日の車はこの「ダッジ・チャージャー・スーパービー・SRT8」です。この車はダッジ・チャージャーの特別モデルでして、エンジンは6.1LのV8HEMIエンジンです。最大出力は425BHPになっており、かなりのパワーがあります。またトルクも豊富で力強い加速をしてくれます。そしてこのスーパービーと呼ばれる車には様々な特別仕様がありまして、ボディーや内装に特別色を使用するなど、特別感を演出しています。

この車はまだ乗っていませんが、感じとしてはなんかモッサリした感じなのかなぁという感じがしてしまいます。どうしてなのかはわかりませんが、やっぱり重いというのがイメージとしてあるからでしょうかね。まぁ、乗ってみてそのイメージがなくなればいいんですけどね。



↑さて、お次は「ダッジ・バイパー・SRT10」です。この車は有名な一台ですよね。とにかく大きいエンジンをフロントに乗せて、とんでもないパワーを発揮する車です。そしてこの車は初代に引き続き2代目の車になります。そして、2002年にフルモデルチェンジ。モデルチェンジを施すにあたりクライスラーグループの技術集団「SRT」(ストリート&レーシング・テクノロジー)チームが作り上げた第一弾となっている。すべてのVIPERにSRT-10の称号が与えられる。

今回のコンセプトは 500X500X500を目標にしていた。これは排気量、馬力、トルクを500以上にするということだ。実際には510馬力 505cu,in(排気量 8275cc) 535 ib,ft(トルク 73.83kg,m)の数値になっている。2003年モデルからのSRT-10は全長×全幅×全高ともに従来モデルとほぼ変わらない4459×1911×1210mm。タイプはオープンモデル1種類、V型10気筒OHV(8300CC) で排気量は約300ccボアアップされたエンジンを搭載し、最高出力は510ps/5600rpmを発生する。

サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーン。ハイパワーを受け止めるタイヤサイズは、フロントP275/35ZR18、リアP345/30ZR19である。トランスミッションは6速MTのみで、駆動方式はFR。ブレーキはブレンボ製。ボディパネルはこれまで通り樹脂製を採用し、車両重量は1546kgに抑えられている。ボンネットは正面から開き、オープントップは手動である。ドアノブはなく、リモコンでドアをポップアップさせる構造だ。2006年からクーペモデルも発売された。

とにかく馬力があって大きくて速い車なんですよね。またトルクが半端ではないので、加速がいつまでも持続する感じです。この車をチューニングしているヘネシーという会社はこのバイパーをベースにツインターボ化し、1000PSを達成して最高速度が400km/hオーバーという記録を付けて市販しています。なんともすごいですよね。このエンジンも究極のNAチューニングをすれば、800PSはいけるエンジンだと思います。OHVなので回らないわけではありませんよ!ナスカーなどもOHVエンジンですが、9000rpmまで回していますからね。それで5.6Lのエンジンから800PSなので、もしかしたらNAで1000PS出ちゃうかもしれませんね!!


というわけで、今日も随分長々と書いてしまいました。明日も今日と同じくNeed For Speed Undercoverの車種紹介をしていきたいと思いますので、お楽しみに!
それでは、また~☆










↑ありがとうございました。
ポチットお願いします。








スポンサーサイト
別窓 | Need For Speed Undercover | コメント:2 | トラックバック:0
<<Ford Foucs ST & Ford Escort Cosworth RS | アルテとその後・・・ | MGC M1911 MKⅣ/SERIES'70>>
この記事のコメント
チャージャーの現行型ですね。
ノーマルのSRT8と同馬力ですが、「スーパー・ビー」という名の付くように限定生産仕様の特別モデルみたいですね。
確かにFM2でもありましたが、車重の重い車でしたよ。

バイパーはSRT10と、ほとんど付きますね。
これは、ある意味M5狙いだったのでしょうかね?
(↑記憶が正しければ、同じぐらいの年だったはず)
このNFS Uに入っているのは、クーペのようですね。
そうですね、ヘネシーがヴェノム1000TTとして出していましたね。

余談ですが、2代目バイパーから日本の保安基準を通過できないため日本での販売はないそうですが、
個人的には初代よりも2代目のデザインの方が好きなので乗ってみたい車の1台ではあるんですけどね。
2009-01-03 Sat 23:52 | URL | JB #-[ 内容変更]
そうですね。
そうですね、同馬力ですが雰囲気がだいぶ違いますね。
さすが特別モデルというだけあるかなぁと思います。
私もFM2で乗ったりしたのですが、重かったですね。

確かにM5とは近かったですし、同じV10エンジンなので狙っていた
かもしれませんね。
そうですね、クーペになります。
そうですねぇ、あの車はすごくいいと思いますよ。

そうなんですが、日本でも走ってはいるみたいですよ。
ネットでぐぐってみたら現行バイパーのブログがありました。
なので日本でも走れるのかもしれません。
そうですね、いい車ですもんね!
2009-01-04 Sun 00:41 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。