最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
MGC M1911 MKⅣ/SERIES'70
2009-01-02 Fri 16:24
こんばんは、にゃごぴーです。今日はNeed For Speed Undercoverにしようかと思いましたが、お年玉を手に入れたので早速去年から気になっていたモデルガンを購入してきました!早速過ぎるかもしれませんが、去年の10月ぐらいから気になっていたので買ってしまいました。

というわけでこのモデルガンなのですが、モデルガンメーカーとして有名なMGC製です。MGCという会社についてはウィキペディアに色々と書いてありましたのでここに貼り付けておきます!そしてこの銃はコルトの超有名銃であるM1911ガバメントです。私のHPにも東京マルイ製のM1911A1ガバメントのエアーガンを掲載しておりますのでまたここに貼り付けておきます。

そして私が今回買ったモデルはコルト・ガバメントの中でも有名なマークⅣ/シリーズ'70というモデルです。かなり有名ですよね、この実銃の説明がまたウィキペディアにありますので、貼り付けておきます。M1911ガバメントと言えば超超有名なオートマチックピストルで、1911年に作られてから1985年まで米軍の正式拳銃だった拳銃です。とにかくシンプルに、そして確実に作られている中身は1911年にデザインされてからほとんど変わっておらず、デザインの優秀さを物語っています。また、ロングセラー拳銃なので、オプションパーツも星の数ほどありまして、全く雰囲気の違うものに変えることも可能です。

また1911年当時から45口径を採用していたことも優秀だと思います。1985年にベレッタM9ピストルに変わる時に9mmパラブレム弾(約35口径)に変更しましたがストッピングパワー(玉が目標に当たった時の威力、貫通力とは違うもの)に欠けるということで近年では正式拳銃ではありませんが、個人的にM1911の改造した拳銃を使用する隊員も多いそうです。特に人気なのが、通常7発装填のマガジンを13~15発入るものに改造したハイキャパというのが人気です。M1911ガバメントの欠点は装弾数が少ないことですからね。それを解消したモデルになります。

とまぁ、かなり有名なM1911をモデルアップしたのが、今回購入したMGC社製のモデルガンM1911 MKⅣ/SERIES'70になります。文章だけはなんですので、写真を掲載しながら書いていきます。



↑というわけでこんな銃です。たぶん、皆様が想像していたものは真っ黒のものだと思いますが、いい感じで古さが出てる銀色?金色?黄金色?の銃です。新品ではなく中古ですが、中古の方が味があっていいかなと思い、中古を購入しました。この銃はモデルガンなので、弾を発射する機能はありませんが、薬きょうを入れて発火させる機能はあります。



↑別角度からもう一枚…。この迫力のノズルがなんとも言えず、いい感じですよねぇ。それにしてもフレームはかなり薄いと思います。これでよく45口径を発射できるんだなぁと思いますね。



↑そしてグリップです、普通のガバメントは木製だと思うのですが、この銃は硬いゴムで出来ています。確かにこの方が木製よりも手になじむ感じがしますし、いいと思います。ゴムなので強く押せばへこみますしね。



↑そしてマガジンです、いつもガスガンばかり触っているので非常に軽く思います。たぶん、エアーコッキングの銃よりも軽いと思いますね。しかも、かなりリアルなのでうれしい限りです。また、マガジンを抜いた時の音も乾いた金属音がしてリアルです!ガスガンでは重くガチャというだけですのでね。



↑少し見難くなってしまいましたが、マガジンの底に「COLT .45AUTO.」という刻印があります。本物と同じなのでしょうね。本物を見たことがないので分かりませんが雰囲気はリアルそのものだと思います。しかもちゃんと金属と金属を溶接して止めてあるところはすごいと思います。



↑またこれも見難くなってしまいましたが、右のスライドには「COLT'S GOVERMENT MODEL」と刻印が入っています。MGCの刻印が入っているのは仕方ないですが、スライドはリアルですね。



↑フレームの後ろの方ですが、かなりリアルな刻印が入っております。この刻印は本物の銃の写真でも確認できましたので、すごくリアルでいいなと思います。



↑そして最後になりましたが、スライドオープンの写真です。モデルガンなので、ちゃんとフルストロークするようにつくってあります。私の持っているエアーコッキングの銃ではフルストロークしないので、すごく新鮮な感じがします。また写真からは分かりませんが、引いた感じがすごく思いのです。エアーガンはガスガンでは体感することの出来ない重さだと思います。これもモデルガンのいいところですよね。


このモデルガンにはカートが付いていなかったので、カートは別に買う必要があります。まぁ、そこまで高くはないので、近々手に入れられると思います。またカートを手に入れたら何か書きたいと思います。


今日はモデルガンについて書きましたが、明日はいつも通り、Need For Speed Undercoverの車種紹介をしたいと思います。
それでは、また~☆










↑ありがとうございました。
ポチットお願いします。









スポンサーサイト
別窓 | Gun | コメント:2 | トラックバック:0
<<Dodge Charger SRT8 Super Bee & Dodge Viper SRT10 | アルテとその後・・・ | Dodge Challenger & Dodge Charger R/T>>
この記事のコメント
とても良い感じに味の出た銃になっていますね。
個人的には黄金色になっているように思います。

余談ですが、特殊部隊の隊員などがよくハイキャパにするそうですよ。
2009-01-03 Sat 23:32 | URL | JB #-[ 内容変更]
そうですね、買ったときからこういう色合いだったので
非常に気に入っています。黄金色ですかぁ、確かにそんな
感じですよね。

そうですね、ハイキャパを所持してる隊員が多いみたいですね。
2009-01-04 Sun 00:31 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。