最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Cadillac STS-V & Chevrolet Camaro SS
2008-12-29 Mon 22:19
こんばんは、にゃごぴーです。今年もホントに残すところあと僅かになりましたね。この時期になるとなぜか特番が多くて普通の番組ではないことがしばしばあります。お正月なので仕方ないんでしょうね。そんなお正月も私は例年通り過ごすと思います。これと言ってすることもありませんのでね、しかし欲しい銃があるのでそれを捕獲するために頑張りたいかなと思います。


というわけで今日は遅くなりましたがNeed For Speed Undercoverの車種紹介をやりたいと思います。今回のアンダーカバーでは現在確認できているだけで54台の車が登場しております。そしてそれらの車は

・アメリカン(19台)
・ヨーロッパ(23台)
・日本(12台)

という風に分かれています。しかも、その中には初の400km/hオーバー量産車のブガティ・ベイロンや最新で最強のパガーニ・ゾンダFやBMWのV12エンジンを載せたスーパーカーのマクラーレン・F1などがあり、すごい楽しみです。特に私はゾンダが好きなんです、何が好きかって言ったらそりゃぁもうエンジン音ですよ!!あの昔のV12時代のF1みたいな音は感動というよりも芸術品じゃないかなと思いますね。

もちろんブガティ・ベイロンやマクラーレン・F1の音も十分感動物ですが、音だけを言えばゾンダに適う音はないと思います。それぐらい素晴らしいです。


さて、今日から始めていく車種紹介なんですが、ゲームの仕様により一方向からしか写真が撮れませんでした。よって申し訳ないですが現状では1台につき1枚だけの写真になります。あと、解説も付けたいと思いますが、随分あやふやなところもありますのでご了承くださいませ・・。




↑車種紹介トップを飾るのはこのキャデラック・CTS-Vです。この車は2004年に登場した初代CTS-Vですね。最近新しくCTS-Vが登場しました、Top Gearでもアメリカンスペシャルということでジェームスがレビューしていた車です。これは5.7Lの自然吸気V8エンジンです。下にカンタンにスペックを書いておきますね。

Engine::::5.7L LS6 V-8, two valves per cylinder, 10.1:1 compression ratio
Horsepower::::400bhp @ 6000 rpm
Torque::::390lb.-ft @ 4800 rpm
0-to-60 mph::::5秒以下
Top Speed::::250km/hリミッター

という感じです。OHVエンジンなんですよね~、さすがアメリカです。大きいエンジンに関してはかなり知識がありますよね。個人的にもこの車は好きです、特に4人乗れて速いというのはいいと思います。実用性もありますからね、2ドアで速いのは普通の世の中なので4ドアで速いというのは光ると思います。




↑さて、この車はかなり古い骨董品級の車ですね。確か6.5LのV8エンジンで300PS未満だったと思います。確か215PSだったかな?!ほとんどトルクで走っているような感じの車です。ですが、まだゲーム内では乗ったことがないので何とも言えません・・・・orz
ちなみにそう感じたのはTDUでZ28で走ったときのことです。あのときはとにかくトルクしかないんじゃない?って感じでトルクだけで走らせていましたねぇ~。。


カマロの方は情報が少なくてすいません。何せよく分からないもので・・・。よく勉強しないとダメですね。明日はどうなるか分かりませんがたぶん今日の続きをやりたいかなと思います。一応予定ですし、明日は用事があるので正直微妙です。


それでは、また~☆








↑ありがとうございました。
ポチットお願いします。










スポンサーサイト
別窓 | Need For Speed Undercover | コメント:2 | トラックバック:0
<<Chevrolet Camaro Concept & Chevrolet Chevelle SS | アルテとその後・・・ | 最新作 Call of Duty World at War PC版!!>>
この記事のコメント
そうですね、ゾンダFのエンジン音は他の車とは一線を画す感じですよね。

CTS-Vですか。
確か、ニュルブルクリンクで鍛え上げられた独自のサスペンションとブレンボ製のブレーキを備えるアメ車ですよね。

カマロSSの方を少し調べてみたので、少し書いておきます。
フロントグリルの「SS」の文字の下にある数字が「396」という風に見えたので、
「396キュービックインチ(6.5リッター)」であるという解釈をして調べてみました。
それと、フロントデザインから調べたら、恐らくは1968年製だということがわかりました。
それで「1968年製」で「396キュービックインチ」のエンジンだと「V8」で「L35の325hp」、「L78の375hp」、「L34の350hp」の3種類でした。
どのエンジンかはわかりませんが、そういうことです。
2008-12-30 Tue 16:04 | URL | JB #-[ 内容変更]
そうですよねぇ、かなり特徴的な音だと思います。

そうですね、その通りです。しかも新型は5.7Lから6.2Lへ
大幅に排気量アップがなされ、スーパーチャージャーも装着
されました。

確かに396の数字が微かですが見えますね。
なるほど~、そういうことなんですね。いつもフォローありがとう
ございます。本文もそういう風に訂正しておきますね。
3種類のうちのどれかは分かりませんね・・・。たぶんL78じゃないかな
と勝手に予想していますが・・・。
2008-12-30 Tue 16:28 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。