最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
TDU写真館!Part5 + ααα・・・
2008-09-21 Sun 19:30
こんばんは、にゃごぴーです。今日はすごい雨だったり晴れたり曇ったりして落ち着かない天気になりましたね。栄に用事があって行ったのですがどしゃ降りの雨だったり暑いぐらいに日が照ってたりして訳のわからない天気ですねぇ、と思いました。

今日は栄の日産ギャラリーについでだったので寄ってきたのですが、今度発売された日産初の国内向けディーゼルエンジン搭載のエクストレイルはいいですね。外国車ではメルセデス・ベンツなどがE320CDIなどのモデルを日本でも展開していますが日産やトヨタなどの国産車はまだ出ていませんでした。今回出たクリーンディーゼル搭載のエクストレイルは2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンで170PS/35kgmのパワーを発揮します。トルクは3.5リッターエンジン車なみですね。

そして最も好感が持てたのが6MT設定だということ。たぶん、みなさまは「ディーゼル用のATを開発してないだけだろ・・・」と思いだと思いますが、私が思うにそうじゃないと思うんです。あのエクストレイルはマニュアルの方が楽しめるような気がします。それを象徴しているのはやはりトルクですね。2000rpmで発生する35kgmものトルクを自由に操れるのはやはりMTしかないということなんじゃないかなと思いました。

実際に車が置いてありましたので乗ってみましたがMTのストロークが普通ですが、スコンスコンと気持ちよく入りクラッチも大トルクのディーゼルエンジンのクラッチとは思えないほど軽かったです。これなら街中での半クラッチも容易にこなせると思いました。そしてSUVなので視点が高く乗っていて気持ちいいと思いました。値段は300万円とお高い設定ですが素晴らしい車を発売したのではないかなぁと思いました。


↑シフトノブもスポーティでかっこよかったです。昨日買った携帯で撮ってみましたがピンボケですね・・・ご了承を^^;


↑レブリミッターが4500rpmなところを見るとディーゼルだなぁという感じがしますね。ですがダッシュボードも黒で統一されていて高級感がありました。


あともう1台あったのですが、それはNISSAN GT-Rです。何度も話題に上っている車ですよね、私も大好きな車なのですが、運転席に座ったことはありませんでした。なので座ってみることにしてみました。乗ってみた感想ですが、前が見えません・・・^^;

スポーツカーの運転席に座った経験がほとんどありませんので、ビックリしてしまいましたがこれで狭い路地とかを走るのは難しそうだなぁと思いました。うまい人は素晴らしい車両感覚で意図も簡単に通りますよね、尊敬します。あと、パドルシフトなんですがクリック感のあるしっかりしたパドルですごくいいなぁと思いました。あと気になったのは天井の低さですね、スポーツカーというのはそういうものなんでしょうが、天井が低かったです。閉所恐怖症の私には少し怖かったです^^;;


↑ナイスな顔です!



というわけでどっちが本題だったか分からなくなりましたが、ここからが本題です。今日は昨日ヴィーズマンでしたので、TVRでいきたいと思いま~す!ロシア人オーナーのイギリス車で世界一危ない車であります。特にTVR Speed 12は世界最強のV12エンジンを積んだ世界最凶暴の車だと思います。今日はタスカンSという4リッター直列6気筒エンジンを積んだ車です。この車もそうとう危ない車ですよ。



↑3996cc直列6気筒エンジンで380PSを発揮します。詳しくは以前タスカンSを紹介したページをこちらからご覧ください。



↑ヴィーズマンの後に乗りましたので少し戸惑いました。ヴィーズマンは片手運転で疾走していてもコントロールできるのですが、このTVRは両手運転をしないとコントロールすることも難しいからです。それにアクセルコントロールにも気を使います。ヘアピンを抜けたところでアクセル全開にするとコントロール不能になり、たちまちスピンしてしまうからです。



↑しかし、ワイドバンド5速ミッションのお陰でシフトチェンジが少なくて済むのには助かりました。あと内装ですがエイリアンみたいな内装はTVRの特徴のひとつですよね。ウネウネっとしたダッシュボードに異様な形のハンドル、ニョキっと生えたシフトノブなどなど・・・。ここもそこもかしこもTVRですね。



↑昨日のヴィーズマンもボディがうねっていましたがTVRも負けじとうねっています。それに少ししか見えていませんがメガホン風マフラーも特徴のひとつですね。タスカンシリーズにはこのマフラーが必ず付いています。



↑ありあまるパワーを活かしてホイルスピンをかけてみました!!かなり先まで続いたので満足です。しかし、ドリフト状態での維持は困難を極めます。



というわけで、とっても長く書いてしまい、読むのに飽きたんではないかと思いますが書くことがたくさんあったのであるだけ書きました。ですので私も少し打ち疲れてしまいました・・・orz

明日はTopGearをご紹介します。全部で6本あるスペシャル版ですが明日3つ、明後日3つの2日間に分けていきたいとおもいます。お楽しみに!


それでは、また~☆







↑ありがとうございました。
ポチットお願いします。








スポンサーサイト
別窓 | Test Drive Unlimited | コメント:2 | トラックバック:0
<<Top Gear - アメリカン・スペシャル 1/6 (字幕) & 2/6 & 3/6 | アルテとその後・・・ | TDU写真館!Part4>>
この記事のコメント
ディーゼルですか。
確かに作り方によっては、環境に非常に良い車になりますよね。
6MTだけですか。
なかなか、意味有り気な感じがしますね。

GT-Rですね。
そういえば、俺もスポーツカーの運転席には乗ったことないですね。
一番、運転席に座ったので、覚えているのはダッジ チャージャー SRT-8ですね。
運転席が広くて、さすがアメ車という感じで驚いたのを覚えています。

どちらが本題かは、気にしなくても問題ないでしょう。

タスカンSですね。
確かに扱いにくい車であることは、確かなようですね。
でも、扱いにくさをいかに扱えるかというのが、
車の楽しみでもあるので、その点では良い車だなぁと思いますよ。
今の車は、簡単に操作できる車も多いみたいですからね。
2008-09-21 Sun 21:56 | URL | JB #-[ 内容変更]
そうですね、一昔前のディーゼルとは全く違うものらしいので
環境にいいでしょうね。
6MTオンリーなんですよ、そう思いますよね!

なかなかスポーツカーというものの運転席に座れる機会とかは
少ないんですよね。チャージャーSRT-8ですか、素晴らしい
アメ車ですよね。室内もビッグなんですね!

そうですね、読んだ本人のご判断にお任せいたします。

まさにその通りですね!
頭文字Dみたいですが、ドライバーを育てる車という感じが
しますよね!簡単に早く走らせられる車と言えばGT-Rでしょう。
ゲームみたいらしいですよ。
2008-09-21 Sun 22:01 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。