最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Volkswagen Golf R32
2007-05-27 Sun 23:55
こんばんはにゃごぴーです。今日は鈴鹿サーキットまで電車で行ってきたので
こんな時間に更新となりました。私自身は8時30分ぐらいに帰ったのですが夕食や
風呂や今日撮った動画のチェックをしたりこの車紹介の画像を調達していたら
こんな時間になったと言うことです。なので時間がないので始めます。


↑D1グランプリの写真はまたあとで別の話題として更新します。
Volkswagen Golfは結構古くからある車でもう何回もモデルチェンジをしています。
このGolfは今も販売している現行モデルということですね。なのでこのR32も
現行モデルで今も販売しています。(確かね……)


↑なぜR32などと名前がついているのかは排気量にあります。普通のGolfは一番上の
グレードであるGTXでも2Lの直列4気筒エンジンで200ps(これでも十分。しかも
ターボまでついている。)なのですがこのR32は3.2LのV型6気筒エンジンが載っています。
なのでまさに羊の皮をかぶった狼という感じです。小柄なボディからは想像もできない
ほどのハイパフォーマンスな走りを見せてくれます♪♪


↑R32という銀色のエンブレムと18インチの大型ホイールがR32の証です。
フォルクスワーゲンジャパンではR32の2ドア6MTが423万円。4ドアDSGが443万円です。
性能を考えたらお徳かも?!


↑さっきも出しましたがDSGはなんぞや?!ということになると思うので
説明しておきますと車は普通ギアチェンジの時にこの様な工程でチェンジします。
1.アクセルを離しクラッチを踏む。(駆動を切る)
2.シフトレバーと使いギアを変える。
3.クラッチを繋ぎアクセルを踏む。
こんな感じですね。一般的なMTの変速方法です。しかし、このDSGはセミATで
クラッチがなくギアを2本装備していることが特徴です。仕組みはこうです。
1.アクセルを離す。
2.次のギアのパイプが準備する。
3.機械がクラッチをつなぎその瞬間準備していたギア(もう1本のパイプ)に繋ぐ
4.機械がクラッチを繋ぎアクセルを踏む。
この時でもドライバーはずっとアクセルは踏みっぱなしでもOKです。
コンピュータが自動的にスロットル調節を行います。。なので現在考えられる
中で最高のミッションとなっています。あの1001psのブガッティEB16.4ベイロン
にも装着されています。


↑内装はスポーツカーという感じで質素ですね。でも派手な皮とかよりは断然いい
んですよ!!黒は目立たないのでいいです。


またあとでD1のことは紹介します。では!
スポンサーサイト
別窓 | Test Drive Unlimited | コメント:2 | トラックバック:0
<<2007年D1グランプリ第3戦 鈴鹿! | アルテとその後・・・ | Chrysler 300C SRT-8>>
この記事のコメント
ゴルフR32は凄い車ですよね!
でも、最近それの上をいくゴルフが発表されましたね!
2007-05-28 Mon 18:35 | URL | JB #-[ 内容変更]
小型車の要ですね。
そうですね。でもあれはほとんど反則ですね。。
2007-05-29 Tue 23:53 | URL | にゃご #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| アルテとその後・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。