最近一眼レフで遊んでます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
東京マルイ MP5 A4 HG
2008-02-06 Wed 01:11
こんばんはにゃごぴーです。今日は非常に早いですが更新しようと思います。
さて、何を更新するのかというと、昨日少ない小遣いをめいいっぱい使って買って
きました。それはこういうものです。↓↓




↑またまた物騒なものですね。以前からずっと欲しくて買いたかったのですがなかなか
機会がなくて買えずにいました。(まぁまぁ高価なものですしね)ですが最近になって
少しお金に余裕が出てきたのでせっかくなので買ってしまいましょう!とおもい、
買ってしまいました。まぁ、なんでも待てない人ですね。自分でも結構あきれて
きているので周りで見ている人はかなり呆れているんだと思います。
P.S.同じH&K製の銃が揃いました。う~ん、なんかさすが同じ会社だけあってしっかり
マッチしている感じがすごいですよね。




↑さて、この銃ですが以前Hitmanの更新で紹介した銃に似ていませんか?
そうです、「武器紹介Act15[MP5]:Hitman BM」で紹介したものと同じ仕様の
銃を購入したのです。なので実銃に関しての情報はこのHitmanのページを参照
して頂くとして軽く買った感じのインプレッションをやりたいと思います。




↑さて、この銃の正式名称は「Heckler & Koch MP5A4」といいます。
本物はドイツ製ですがこれは東京マルイ製の電動エアーガンです。電動である証拠
は後に掲載します。ということでこの銃なんですが非常にあっさりしていると思いません?
個人的には固定ストックが似合う銃はこれか同じH&KのG3ぐらいかなと思って
オプションパーツなども豊富ですし、人気も高いこのMP5A4を買おうと決心しました。




↑それで家の近くにある店に行ってみたところ中古ですがほぼ新品といえる状態の
MP5A4があってまさに「買ってくれ!」と叫んでいるのが聞こえたのでもう買って
しまったというわけなんですね、非常に待てない人なのでなんでもすぐにやってしまい
ます・・・。いい時もあるのだけど悪いときもあります・・・。




↑右側面です。銃本体の真ん中ぐらいに深めの溝みたいなものがありますよね、
そこに本来なら伸縮ストックが収まるようになっており、射撃時に出したりすること
が出来るようになっています。しかし、このMP5A4は固定ストックなのでこの溝は
ほとんど意味をなさないわけですね。




↑左側面です。「Kal.」となっているのがドイツの物という証みたいになっていますね。
英語なら「Cal.」ですのでドイツ語がモロに書いてあると少し鮮明な感じですね。
写真右らへんに赤い模様みたいなのが書いてあり、一番下は白色ですね。
これは言うまでもないと思いますがセレクターレバーと言い、ここで単発射撃
(セミオート)なので連発射撃(フルオート)を選ぶようになっています、最近のMP5
には単発と連発の間を埋めるような3点バーストという射撃方法もあります。
これは1回トリガー(引き金)を引くごとに3発ずつ発射されるもので、CQBなどで
よく使われるそうです。弾の無駄にはなりませんし3発出るので敵を確実に倒す
ことが出来やすいだからそうです。




↑いかにもマシンガンみたいに曲がったマガジンですね。この銃は本物が9mm×19
弾というハンドガンと同じ弾を使用しますのでマガジンの幅はそんなにありません。
M4A1カービンやAK47などのマガジンはもっと幅広ですよね。なのでこれほど
コンパクトならたくさん携帯することができますしマガジンも軽量化することが出来
ますね。ちなみに本物はこのマガジンに30発入り、電動ガンは50発入れることが
出来るようになっています。




↑銃本体の前の方にあるボルトはダミーですが実際に動きます。なので電動ガンでの
実際の射撃時には必要ないですがリアルな動作の真似は出来ます。こういうところも
ガンマニアにはうれしい機能ですよね。Call of Duty 4などでプレイヤーがMP5を
持ってゲームする時があるのでゲーム内でどういう感じでマガジン交換をするのかとか
は結構気になってしまいますね。参考になります。




↑そして前のハンドガードは取り外しが可能でピンひとつで取り外すことができます。
MP5A5などはここにバッテリーを入れるそうですがあんまりリアルではないですよね。
やはり固定ストックの中にバッテリーは隠した方が見た目もよくなると思いますよ。
ちなみにインナーバレル(銃身)はどうやら真ちゅう製みたいですね。




↑そして写真中央にある小さな矢印みたいなのがHOPUP調整レバーです。これを
操作してHOPUPの量を調整します。たぶんこの位置がHOPUP最弱状態で




↑この状態が最強状態だと思います。まだ撃っていないのでなんとも言えませんね。
今度撃ってみたらまた報告なりしたいと思います。ですがこれが調整レバーだということ
は明らかではないかなと思います。




↑そしてこのレバーはハンドガードを取り付けても調整できるように少しだけレバーの
先端が出ていました。ほんの少しなので調整はしにくいですがマルイの作りこみに
感謝をしたいと思います。




↑aimポイントですね、狙った感じでは非常に狙いやすいね。という感じでなかなか
好印象でした。リアサイトも4種類から選べるのは実銃通りに再現されていてこれも
いいなと思いました。これがどれだけの性能を発揮してくれるのかは今から楽しみに
なってきますね。




↑刻印も実銃そのままなのかな?よく分かりませんがリアルに仕上がっているとは思い
ますよね。HKの文字も独特ですし一番右の変な模様もなんだか見慣れないもの
なので。マルイさん、あんたはすごいよ。




↑これはここにマウントベースというものを付けることができるようになっており、マウント
ベースを付けることによってダットサイトやスコープなどのパーツを取り付けられる様に
なっています。私も取り付けたいなぁと思っていますが今はまだ実力も知らないので
まずはこの子の実力を近々測りたいなと思っています。




↑これが固定ストックです。強化プラスチックで出来ています。ストックの後ろらへんに
ひし形みたいな金具が付いていますね。これは、スリングといって肩から下げるヒモを
取り付けられるようにするための部分なんです。ここと前の銃身の先端部分にある
取り付け金具にヒモを通すことが出来ます。これがバッテリー切れになった時とかに
ハンドガンを使いたいときとかには便利ですよね。ショルダー式リュックみたいに出来る
ので両手が空きハンドガンを使うことが出来ます。




↑そしてバッテリーはここから入れることが出来ます。バッテリーの種類は電動ガンの
中でも一番大きいバッテリーであるラージバッテリーが収納可能でかなり持続して
撃ち続けることができます。友達はH&K G36Cという電動ガンを持っていますが
それはミニSDバッテリーという凄く小さいバッテリーなのでラージバッテリーを羨まし
がっていました。




↑最後ですが銃身の先端にはネジが切ってあり、「14mm逆ネジ」規格で市販され
ているサイレンサーなどを取り付けることが出切るようになっています。これも興味
ありますよね~。今からどんなサイレンサーが似合うのかとか結構考えたりしてしまって
いますwww



さて、今日は長々と書きましたがまぁファーストインプレッションですのでまた何かあれば
こういう感じで紹介していきたいなと思っています。それでは!







↑にゃごのブログを読んでいただきありがとうございました。
「おおっ!頑張ってるな!!」と思っていただいたら上の
バーナーをクリックしてください♪おねがいします!!
スポンサーサイト
別窓 | 時計(OMEGA) | コメント:4 | トラックバック:0
サプレッサー装着!
2008-01-05 Sat 22:53
こんばんはにゃごぴーです。今日は朝の10時から夕方の18時までずっと塾に缶詰状態に
させられていました。なので休みの日にこんなにパソコンに触らない時間が長いのは久し
ぶりです。まぁ触らないようにしなければならないのですけどね。

今日は帰省する前に手に入れることができたKSC USPコンパクト用のメタルアウターバレル
に装着可能なサプレッサー(サイレンサー)を手に入れたので報告します。まぁこれがした
かったわけなんですよ。ドラマではジャックがサプレッサー付きのUSPコンパクトを使って潜入
していましたからね。24ファンとしたら黙っておくわけにはいかないわけなんです。



↑というわけでこのようなものです。確か帰省する前のブログにもサプレッサーを手に入れる
とか書いてありましたよね。本当は高い奴を買いたかったのですがお金の節約とガス
ブローバックの銃なのでたぶん消音効果にはならないだろうなぁ、、ということで安くて
かっこいいやつにしてみました。まぁ一種のアクセサリーみたいなものですよ。
電動ガンとかなら消音化に貢献できたと思います。



↑というわけでアクセサリーになってしまったサプレッサー君と本体のUSPCです。
こうしてみると結構いい感じに見えてきます。



↑そして装着!wwどうですかね?私にはたまらなくカッコいいんですけど・・w
コンパクトなのでこういう風な感じもいいですよね。大きい銃だと銃だけが結構強調して
しまってしまう感じがあるとおもうので。



↑シャキーンッ!・・・・やっぱり置いておいた方がカッコいい感じですネェww
構えるととにかく前が重くて重くて本当にアルミかよ??というぐらい重いですよ・・。
なのでやはり外したほうがラクなんですよね。とか考えると何の為に買ったのか分からなく
なってきます。考えないでおこう・・・・・。。


というわけで今日は愛銃のグレードアップ報告でした。明日で最後の冬休みなんです。
楽しみたいと想います。それでは・・







↑にゃごのブログを読んでいただきありがとうございました。
「おおっ!頑張ってるな!!」と思っていただいたら上の
バーナーをクリックしてください♪おねがいします!!
別窓 | 時計(OMEGA) | コメント:4 | トラックバック:0
少し重量アップ!
2007-12-23 Sun 22:24
こんばんはにゃごぴーです。今日は大学に行って模試を受けてきました。最終センタープレ
入試だったので思っていた以上に難しかったです。やはり学習が足りない証拠だと思いま
した。さて、そんなわけで学習を重点的にやっていかねばならない今年の冬なのであんまり
遊べる時間がない感じがして寂しいです。それに曜日の関係で今年は少し冬休みも短い
ですしね。まぁ頑張っていこうと思います。


というわけで今日は学習からうんと離れたゲームの話でもしようかなと思ったのですが、
いい画像を取り忘れてしまい、GP4でもよかったのですがGP4はまた今度にして今日は
最近マンネリになりつつあるガスガンの話でもしようかなと思っています。

というわけで私のかなり気に入っているKSCのUSPコンパクトですがメタルアウター
バレルに換えてから少し時間がたっていろいろと気になる点やいいところもでてきました。
というわけで箇条書きでいいところと悪いところを買いていこうと思います。



いいところ
・マガジンが重くて重心が下よりになっていたので一番上のパーツに当たるアウターバレル
を交換することで銃全体が重くなって変な感覚がなくなってより実銃っぽくなった感じ。

・なんと言っても質感の向上です。外から見てもアウターの部分だけがプラでないよね?と
分かるぐらいです。触っても金属独特の冷たさがいい感じです。

・そして目的であったサイレンサーの取り付けが可能だということです。上の二つは買って
から気がついたものでやはり一番いいところはこれだと思います。



悪いところ
・取り付けが少し大変かなというところ。すり合わせは面倒ですし結構デリケートな作業
なので初心者には少し難しいかも?




というのが気がついた部分ですね。すり合わせを除けば本当にいいパーツだなぁと思い
ますね。値段もびっくりするほど高いわけではないですしね。最近元気がいいKSCの製品
なのでもっとオプションパーツが出てきてほしいなぁと思いますよ。では、最後に写真を
撮ったので掲載して終わりにします。それでは!


(※注意 クリックすると大きくなりますがサイズが2649×1987のビックサイズなので気を
つけて下さい。)










↑にゃごのブログを読んでいただきありがとうございました。
「おおっ!頑張ってるな!!」と思っていただいたら上の
バーナーをクリックしてください♪おねがいします!!
別窓 | 時計(OMEGA) | コメント:2 | トラックバック:0
G&G メタルアウターバレル&サプレッサーアダプター for KSC USP Compact
2007-12-20 Thu 22:45
こんばんはにゃごぴーです。本日2回目の投稿は一昨日のブログでヤフオクでパーツが見つ
かったと言って妙にハイテンションだったと思います。そして今日、帰ってきたらもう届いて
いて、早速取り付けましたので報告したいと思います。




↑そのブツはこういうものです。「G&G メタルアウターバレル&サプレッサーアダプター」と
言うものです。何か?というと私の持っているKSCのUSPコンパクトにサイレンサーを取り
つけるパーツなのです。あと、アウターバレルという上の写真のようなものがABSという強化
プラスチックからアルミになって重量感と質感が向上します。(結構いいですよ)



↑というわけで早速PCデスクで取り付け開始です。アウターバレルの分解は初めてなので
取り扱い説明書を見ながらの分解になりました。少し面倒ですが簡単に出来ます。
というかガスガンのカスタムはこれが最初なのでいろいろと大変でした。



↑大変だったものの一番はやはりすり合わせでした。上の写真だとアウターバレルの
真ん中の部分が白くなっていますね。これは擦れてしまっている証拠なのでこれをなくす
ために下のように↓↓



↑スライドの当たっている部分をナイフで削ったりヤスリで磨いたりしました。結局すり合
わせで2時間ぐらい使ってしまいました。今は完璧に動作しますが派手にスライドを引くと
どこかが当たっているせいかスライドが一番後ろで止まってしまいます。改善しないと・・。



↑というわけでまだまだ箱出しの時のような完璧なものではありませんが動作はするので
暫定完成です。マガジンが重くて重心が下よりの銃でしたが一番上をプラスチックから
アルミにすることでバランスがよくなりました。アルミスライドも付けたいですがそれをする
と重くなりすぎるのかな?とも思って踏み切れません。装着の難易度も高そうですしね。



↑ちょっと見えにくいですがバレルの中にネジが切ってありますよね。これがこのアウター
バレルの売りみたいなものです。ですがこれではサイズが特殊なので世の中で発売して
いるいろいろなサプレッサーは装着できません。



↑なのでこのようにアダプターを噛ますことで正ネジ14mmという互換性のあるネジに変える
ことが出来てこれでいろいろなサプレッサーを装着することができます。



これが手に入ったので早速サプレッサー本体を入手したいですね。狙っているのはただ
ひとつでLayLax社(有名ですよね)のMODE2の中のショートナイツサプレッサーというもの
です。ここがLayLax社のHPです。真ん中ぐらいにMODE2というところがありそこの
2ページ目にあります。見てみてくださいね、結構リアルですよ。


というわけで、まだまだ進化する私のUSPコンパクトです。みなさんも次回を楽しみにしてて
くださいね。それでは!!






↑にゃごのブログを読んでいただきありがとうございました。
「おおっ!頑張ってるな!!」と思っていただいたら上の
バーナーをクリックしてください♪おねがいします!!
別窓 | 時計(OMEGA) | コメント:2 | トラックバック:0
実射レポート by KSC USP Compact編
2007-09-16 Sun 23:11
こんばんはにゃごぴーです。残暑が続いてそろそろくたばってきました。。今日はさっき
実射してグルーピングを取ってみたので報告します。まず始めに今回の発射に関して
使ったものの一覧です。



↑これだけのものを使いました。LayLaxのガスとCAROM SHOTという会社のガンブルーシリコン。
あとマルゼンの0.25gBB弾。本当は0.2g弾が最適なんですが現在0.2gを買う前に0.25gを
終わらせてしまいたいのでこっちを使っています。


さて的なんですが自作のダンボールの箱に新聞紙を2枚入れて作りました。下のようなものです。



↑それでこんな感じで的を入れて見ました。ですがきちんと固定していないので少しずれると
思いますがご了承くださいまし。





↑だいたい3メートルぐらいの距離で撃ちます。あんまり銃の性能が出る距離ではありません
が部屋が狭いのでこれが精一杯です。5発撃ちました。




う~ん微妙な感じですね。たぶん私の腕が悪いんでしょう。しかし弾が重いせいか少し下めに
着弾してしまいます。あとバラつく原因としてハードすぎるブローバックがあるんでしょう。
かなりガツンガツンきますから実銃と変わりないのでは?とか最近思ってしまっています。
大人になったらハワイに行って本物を撃ってみたいですね!!



KSCのUSP Compactがこんなにもすごくよく出来た銃であるとは思いませんでした。集弾性も
なかなかでこの前エアーガンショップ併設のシューティングレンジに行ったんですが
そこでも抜群の性能を発揮してくれて隣のおじさんに「すごいブローバックだねぇ。
撃たせてくれない?」とか「えっ!KSCってこんなにすごいの?」とかうれしい言葉を
かけてもらえました。。本当に大事にしていきたいと思います。






↑にゃごのブログを読んでいただきありがとうございました。
「おおっ!頑張ってるな!!」と思っていただいたら上の
バーナーをクリックしてください♪おねがいします!!
別窓 | 時計(OMEGA) | コメント:2 | トラックバック:0
| アルテとその後・・・ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。